YOSUKE TANIGUCHI

弁護士 谷口 陽輔(71期)

何事も『丁寧に』、
対応します。

弁護士を目指したきっかけ&
「和氣綜合」に入所した理由

もともとは、大学の法学部に入ったものの、法律の仕事に興味はありませんでした。しかし、勉強を教えてもらおうと入った法律相談サークルで、拙いながらも一般市民の方々を相手に法律相談活動をしていくうちに、自分の学びが誰かの安心につながること、また、法律の目に見えない力を感じ、感動ややりがいを感じるようになりました。そこから法曹の道を意識し始め、ロースクールに進学しました。ロースクールでは、検察官を志望していた時期もありましたが、そこでお世話になった弁護士の先生方の仕事ぶりを見聞きし、自由で多様性のある弁護士業務に魅力を感じるようになりました。実際に弁護士になってからは、別の法律事務所で勤務していましたが、将来のキャリア形成に不安を感じていたところに、有り難くもロースクールの頃からお世話になっていた笹野先生からお声を頂戴し、弊所に身を置かせていただくことになりました。弊所を選ばせて頂いたのは、人的・物的環境が整備され、良質なリーガルサービスの提供による依頼者利益の最大化を図ることができるだけでなく、新人教育体制の充実、幅広い分野の取扱い等により自己の研鑽にとっても貴重な場であると感じたためです。

今の専門部に所属するようになった
経緯、理由、その専門分野における
「やりがい」「魅力」

現在は、企業法務部と倒産事件部に所属しています。もともとは、大学やロースクールで倒産法を履修しており、民事法分野の横断的知識を要する応用的学問としての面白さに純粋に惹かれていたのですが、司法修習などを通じて、リスタートの機会を付与した法制度が現実に機能していることを垣間見ました。僅かながらそういった経験を通して、社会経済の調整弁である倒産手続への実務的関与に強く関心を抱くようになりました。緊急オペのように迅速性と正確性が合わせて求められる難しい分野ではありますが、多くの経験を通じて高度の専門性を身に付けていきたいと思っています。

これまで取り扱った中で、
印象に残っている案件

入所後に途中から担当させていただいた事件ですが、記録が大部に亘る複雑な訴訟事案で、複数の関連事件を含めて一挙にまとめて訴訟上の和解に至ったケースでは、各事件の記録を精査し、全体的に整合して漏れ・リスクの無い和解条項案を作成するなど大掛かりで骨のある業務が多く、印象深い事件です。

「和氣綜合」で
成長出来ること、
出来たこと

まだまだ未熟な身ではありますが、弊所では新人の頃から色々な種類の案件に携わることができるため、例えば交渉案件の相場観や、訴訟対応スキルも早くに身につけることができると思います。