SAE KAWAMURA

弁護士 川村 紗恵(72期)

依頼者に寄り添いながら、
冷静に解決の糸口を探ります。

弁護士を目指したきっかけ&
「和氣綜合」に入所した理由

私は,柔軟な考え方や対応力を身につけ,私にしかできないことをして,人のためになる仕事ができることにおもしろさを感じ,弁護士を目指しました。就職活動中は,特別興味のある分野や弁護士としてやりたいことが定まっていなかったため,様々な分野の事件を扱い,かつ,複数の先生方から学びを得られる環境で弁護士として業務をしたいと考えておりました。弊所は,幅広い事件を取り扱っていため,新人でも幅広い分野の経験を積めること,また各先生方と面接等でお話をしてやりがいをもって弁護士をされていて,そんな先生方とお仕事をさせていただくことで私も目指すものややりがいを見つけられるのではないかと可能性を感じましたので,弊所に入所いたしました。

新人に対する
指導教育体制に関して

一般民事等幅広い分野の事件を配点していただき,全事件先輩の先生方と担当させていただいているので,入所当初はご指示をいただきながら業務を行えます。その後もすべての書面や事件処理の方針は確認,アドバイスはしていただけますが,私が主導となって進めていく機会もつくってくださり,事件によって一緒に担当する先輩の先生も異なるので,進行中事件を通して,各分野の事件処理や依頼者,相手方への対応の仕方を学ばせていただけています。風通しがよいので,先輩の先生方には担当外の事件でも気軽に相談ができるので,新人の私としてはとてもいい環境で業務をさせていただいています。

専門部における
取り組み内容等

私の所属する労災事故部,週1回,労災保険などの基本的な事項から所内の既済事件や裁判例の研究等の勉強会を行っています。現在複数の労災事故事件を担当させていただいていますが,まだまだわからない部分も多いので,労災事故部の勉強会では,労災事故事件を多数扱ってこられた先輩の先生に進行中の事件の報告や相談もさせていただいています。

「和氣綜合」で成長出来ること、
出来たこと

先輩の先生方と担当しながらも,依頼者や相手方の対応を一人でさせていただけたりもするので,この半年でも,様々な案件を通して依頼者のニーズに合った解決を目指しながら依頼者,相手方の対応や事件処理を進めていく難しさや,よい解決ができたときの達成感を感じられています。今後さらに経験豊富な他の先生方から学びを得ながら,積極的に弁護士業務に取り組みむことで,依頼してよかったと思っていただけるような解決を導くことにつなげていけると思っております。